脇汗 止める デオドラント

脇汗をかくとデオドラントを塗っても脇の臭いが気になる

 

デオドラントを塗っても脇汗が止まらずに汗シミが気になってしまったり、脇がべたついてしまう

 

汗がひどいからせっかくデオドラントを付けているのにすぐに臭いが気になってしまう。

 

これってなんで?

 

ちょっとマメ知識が入りますがデオドラントの意味は「消臭」という意味で「制汗」という意味はありません。一般に言うデオドラントスプレーは消臭はしてくれるけど汗を抑えてくれるわけではないってことですね。

 

市販のデオドラントなんかは制汗作用が弱くて、汗をたくさん書いてしまったときに消臭成分が汗に溶けだしてしまったり、デオドラント自体が汗に流されてしまって効果がなくなってしまうというケースもあります。

 

脇汗が気になる人には制汗作用が強いデオドラントがおすすめです。

 

脇汗を止めるデオドラントでおすすめのものは?

 

デトランスαというデオドラントです。普通のデオドラントは消臭成分と殺菌成分によってニオイを抑えるものがほとんどですが、デトランスαは汗腺にフタをして汗が出ないようにするデオドラントです。

 

知っている人も多いかもしれませんが脇の臭いが強い原因について説明すると、脇にはアポクリン腺という水分以外に脂質やタンパク質を分泌する汗腺があります。雑菌は繁殖する際に皮脂や垢、汗を分解します。

 

雑菌によって皮脂や汗、垢が分解されると脂肪酸やアルデヒド、硫化物など人にとって悪臭になる物質が発生します。根本的に臭いを改善したいと思っている場合は雑菌の繁殖を抑えることが大切です。

 

雑菌は水分があって初めて繁殖することができます。デトランスαは脇にある汗腺をふさぐので汗が出てこない。雑菌が繁殖しにくい環境を作り出しているのです。

 

デトランスαを塗ることで汗腺にフタをされるのでしばらくは臭わず、代謝で排出される3〜7日の間、制汗作用は持続してくれます。。

 

デオドラントの中には汗を抑える効果のないデオドラントもあります。それもそのはずでデオドラントはにおい消しという意味なのです。デオドラントはニオイの原因である菌の繁殖を防いでくれるものもありますが、菌が繁殖するために必要な汗もニオイを発生させる原因になってしまいます。だから汗を止めることもデオドラントの大切な役割なのです。それに夏場にニオイはしないけど脇汗がビチョビチョなのもいやですよね。そういった人におススメなのがデトランスαです。デトランスαは脇専用のデオドラントです。脇に塗ると汗腺に角質を形成して汗を止めてくれるのでニオイもしないし、脇汗も止めてくれるのです。もし脇の臭い、脇汗で悩んでいるならデトランスαを使うことをおススメします。
気になる脇汗とニオイを止める方法はこちら